teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


新年に向けて

 投稿者:藤岡 良幸  投稿日:2022年 1月26日(水)08時07分32秒
   21回生の皆さん、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。さて、私は1月末で現在就労しています(飯塚市の)二瀬地域包括支援センターコスモス苑の管理者の職を辞し、2月1日から豊前市役所で働くことになりました。もちろん正規職員ではなく、会計年度任用職員ですので、仕事を続けるには毎年(採用を)更新することが必要ですが、3~4年は継続することはできそうなので、後期高齢者の年齢になるまでは(身体が悲鳴を上げない限りは)社会との接点を持ち続けたいと思っています。

 仕事の内容は、児童虐待防止のための様々な業務を行うことです。私は県職員在任中に児童養護施設や児童相談所(児童虐待防止法が施行された2000年に相談課長として在籍していました)、定年後は児童福祉施設の一つである母子生活支援施設(昔の名称では「母子寮」)で母子支援員の仕事をしていましたので、私の経験、資格(社会福祉士)、キャリアが、児童福祉行政の担い手を募集していた豊前市役所に認められることになったのかと思っています。

 ただ、これまでは自宅から職場までの距離は20kmだったのですが、これからは約40kmの行程になります。通勤途中に5つのトンネルを抜けての自動車通勤です。したがって、体調の維持に留意しながら毎日一時間以上の通勤を続けることになります。それでも勤務日数が、これまでの週5日勤務から週4日勤務に緩和され、少し自由な時間が増えることになりますので、この期間中に趣味(合唱、映画鑑賞、読書等)や旅行の時間に費やしたいと願っているところです。時間が許せば皆さんと是非再会したいです。皆さん、お元気で…。
 
 

『ホームにて 中島みゆき』

 投稿者:寄川  投稿日:2022年 1月11日(火)12時15分18秒
  昭和の歌姫は美空ひばり、平成の歌姫は中島みゆきと称されている。
中島みゆきの歌は①旅人②郷愁③中性的…で共感を覚える。
 就職後、横浜、大阪、福岡、北京、成田、大連、東京、福岡、宇部…と10数回転居する中で、或いは故郷に終の棲家を構えた後も、『時代』と『ホームにて』は何時聴いても引っ越し先での郷里への「哀愁」・「郷愁」を想い出す。
 『ふるさとへ 向かう最終に 乗れる人は 急ぎなさいと…街なかに 叫ぶ…走りだせば 間に合うだろう…涙の数 ため息の数 溜まってゆく空色のキップ ネオンライトでは 燃やせない ふるさと行きの乗車券 たそがれには 彷徨う街に 心は 今夜も ホームに たたずんでいる ネオンライトでは燃やせない ふるさと行きの乗車券 ネオンライトでは燃やせない ふるさと行きの乗車券』
異郷、異国の地を経験して、やっとやはり故郷福博の町が一番だと知った。
 

美酒を愛し書に親しむ

 投稿者:寄川  投稿日:2021年12月13日(月)23時02分53秒
  初冬の風物詩『大相撲九州場所』、最後と成った『福岡国際マラソン』も済み年の瀬を迎えて、盃を片手に美しい日本語を学び平成の変遷を顧みる。
◎『童謡・唱歌の美しい日本語 知っておきたい日本語の基礎知識』(高橋こうじ 実業之日本社 2021.7.27 初版 1,760円)
用例)「我は海の子」
1. 我は海の子白波のさわぐ磯辺の松原に煙たなびくとまやこそわが懐かしきすみかなれ
2. 生まれて潮にゆあみして波を子守の歌と聞き千里寄せくる海の気を吸いてわらべとなりにけり
3. 高く鼻つく磯の歌に不断の花の香りありなぎさの松に吹く風をいみじき楽(がく)とわれは聞く
【歌詞の解釈】
とまやこそわがすみかなれ→あの粗末な小屋が私の大好きな家だ
海の気(き)を→海の空気を
いみじき楽(がく)と→素晴らしい音楽として
◎『影の首相 官房長官の閻魔帳(えんまちょう) 政権を左右する権力の光と闇』(乾正人 ビジネス社 2021.11.12 初版 1,650円)
*著者の官房長官の評価を通して、我等40代、50代の世相を回顧する。
以上
 

キャンプファイアー

 投稿者:髙田  投稿日:2021年11月30日(火)21時53分47秒
  薫風舎の家具教室に通い始めて4か月、机2台とベンチ2台が完成し、卒業となりました。卒業記念ではないけど11月に阿部君と阿部君の知り合いの竹細工職人宅でキャンプの写真です。
キャンプは突然軽のジムニーを買ったのがアウトドアになってしまい、キャンプへとつながった。キャンプは焚火と食べて飲む、寝る、自然に親しむ非日常の世界が楽しさでもあり、昨今のコロナの影響もありキャンプブームとも言える。まさか70を過ぎてキャンプは想定外でしたが、家族はあきらめて納得。料理は苦手なので阿部君が段取りしてくれた。夕食はダッチオーブンを使ったみそ味の鍋がメインで、他にバーベキュー。鍋は具がたっぷりのみそ味、ご飯無しでも食いきれなかった。お酒もビール、日本酒、焼酎ありで、出された日本酒2本はそのまま残った。最初は焚火で始まったが時が過ぎるに従い廃材の木が増えてまるでキャンプファイアー、標高600mの寒さは感じず午後11時過ぎに火を残し寝た。(火事の心配がない広さがあった)竹細工職人の若夫婦と火を囲み時間が過ぎるのが早かった。二人は車中泊、朝は定番のホットサンドを作ってもらった。道具は持って行ったが殆ど阿部君にお世話になり、さすが師匠。
準備と後片付けにひと手間かかるのがキャンプ、そこを厭わずやるのが今後の課題かな。
キャンプ地は浮羽から山奥に入り限界集落から秘境へ入るようなところで、前津江の表示があり大分県だった。
 

「故郷歩こう会」活動四周年

 投稿者:寄川  投稿日:2021年 9月29日(水)00時03分2秒
  『70に想ふ』
「古代古稀まれなり」に成り、一層箍(たが)が緩んできた。親しき友も一人又一人と鬼籍に入った。故郷博多の幼馴染の女二人は60半ばを待たずに異郷の関東の地で逝った。男は三年前に故郷博多貿易港大浜で去った。大学の剣道部同期は二年前に故郷山口で死去した。21回生では、40代三カ月に一回定期的に神田「波留美」・田中義一君の国立競技場前にある会社の福利施設で、21回生の有志達と各業界の現況・展望を語り合い、一杯復一杯を堪能した。その一人笹原君も亡くなった。丁度50歳時に故郷に異動以来、隔年の21回生同窓会を中心に親しくして貰った10組のクラス幹事結城君も引き取った。
 今は、中国語での若者、或いは水泳での壮健な高齢者、そして「21回生歩こう会」の元気な仲間達からパワーを頂戴している。

写真)『21回生故郷歩こう会(略称:歩こう会 俗称:アルコール会』は、毎週金曜日昼間①健康長寿を祝う②名所旧跡を探訪する③安くて美味しい博多を満喫する、を趣旨として丸4年間、正月を除き一日も欠かさずに活動している。第四金曜日「筑紫路コース」に、久しぶりに高田・服部両君が復活して健脚を鍛え始めている。
写真1)第一金曜日1300博多貿易港「豊一」の埠頭
写真2)第二金曜日1300大名角打ち「小谷酒舗」                      撮影2021.1.8
写真3)第三金曜日1300「我らの別荘(百道浜無料休憩所)」               同2021.7.16
写真4)第四金曜日1300都府楼駅前「えん家」                         同2021.4.23
写真5)第五金曜日1300春吉「紅蓉軒」                同2020.10.30
写真6)三カ月に一回の金曜日1300「麵処かわべ(21回生川辺君の家族経営)」同2021.3.26
写真7)金曜日特別コース「おおとり酒店(21回生大取君の家族経営)」    同2021.3.26
写真8)金曜日特別コース「大分耶馬渓、鱧(はも)フルコース料理バスツァー」  同2020.11.20
*写真は、鳩宿君提供
 

「故郷歩こう会」活動四周年

 投稿者:寄川  投稿日:2021年 9月29日(水)00時01分27秒
  写真4)、写真5)、写真6)  

「故郷歩こう会」活動四周年

 投稿者:寄川  投稿日:2021年 9月28日(火)23時59分29秒
  写真7)、写真8)
 

「薫風舎」教室

 投稿者:高田  投稿日:2021年 8月25日(水)11時10分28秒
  4月に仕事が終わり、暫くのんびり過ごしていたら、あっという間に2か月が過ぎて隠居生活にどっぷりと浸かってしまった。コロナの制約もあるけど以前に比べれば気楽な環境になりました。
 6月末から阿部君の「薫風舎」家具教室に通い始め、第1作の孫の机が完成。
古希を過ぎ、気力・体力とも衰えは隠せず、やる気もなくなり、作りは至ってシンプル。素材は楢なので高級、使うほどに味わいが出て子供にはもったいない。
今回は机2台、ベンチ2台を予定しているので10月までは通う予定です。
 隠居生活は日々が早い、軽のジムニー買ったらキャンプがしたくなり、9月にはソロキャンプに行こうかなと、デイキャンプじゃ飲めないし。
 

『花の都、文化の都東京 スポーツ篇』

 投稿者:寄川  投稿日:2021年 7月31日(土)23時05分16秒
  *2020年8月10日付『花の都、文化の都東京 文化篇』の続篇。
 博多貿易港から徒歩3,4分の大浜の地で中学二年迄を過ごした。粗っぽい土地柄なので、自分・家族を守る為に小学時は相撲、中学時は柔道体格・体力差で挫折、高校時に剣道へ転換した。
新入社員で、東京配属と成り東京の地ならではのスポーツに挑戦した。
◎葉山の会社のヨットクラブに入社後半年間通った。
同期に、T大地球物理・ヨット部卒が居て、彼について楽しんだ。但し、ヨットの艤装・解装、アクセス等の一日がかり、江ノ島これが海かよ?!で止めた。
◎渋谷の日本一有名な「中川ダンス教室」にも、新入社員時半年間通った。
音痴で向いてなかった。
◎スケート、スキーを学び楽しんだ。
同期に、自衛官の息子で小学・中学を釧路で過ごしたのが居て、スケート・スキー共に上級者だった。品川のスケート場、甲信越のスキー場で、たっぷり教えてもらった。スケートの格好良いコーナーのクロスの滑り方を始めとして、家族に教えられる程度までのレベルに成った。
◎一番続けたのは軟式野球及びテニス、ゴルフだ。
・・・
◎58歳から63歳は職場の山口県、故郷福岡県のハーフ・10km・5kmのほとんどのマラソン大会に参加した。
◎63歳時マラソン大会で膝を痛めて、水泳に転換した。
高校時、クロールで200mしか泳げなかったのが、努力の賜物70歳にして2,200m泳げるようになった。
以上、福博の町は終の棲家、東京は生計の為と意識して生活して来た。

写真1)蒲田地区社会人剣道大会団体の部決勝で蒲田警察署に敗れるが、銀メダルを取得。
前列左寄川27歳(中堅)、前列右左田野先輩19回生剣道部・会社先輩(次鋒)、後列右熊本出身(副将)、後列左佐賀出身コーチと、九州男児の面目躍如だ。

写真2)天理市野球場、左端寄川。天理教職員・JTB天理との三社友好試合。
会社チームには、one橋・六大学Wの正遊撃手・Q主将の硬式野球部出身者が居た。小生のためて打つ打撃は決して負けていなかった。但し、甲子園組の広商・エース四番九州学院はユニホーム・構えた姿は風格があり格段の差どころではなかった。打球がピンポン玉だった。

写真3)富士見高原スキー場。筑後の嫁さんと、娘達は初滑り。
娘達が小学時、週末は学校を欠席させて長野・山梨のスキー場・スケート場を主に、関東・甲信越の旅に幾度となく出掛けた。机の上よりも、外で楽しみながら学ぶと。
 

自衛隊大規模接種センター

 投稿者:飯田 眞里  投稿日:2021年 5月24日(月)21時00分21秒
  本日、自衛隊大規模接種センターでモデルナ社のワクチンを接種してきました。
居住区の接種日は1回目が6月30日と1月以上も先だったことから、家族からの勧めもあり、変更手続きをとることにしました。

実は、連休前に主人がコロナの濃厚接触者に認定され、数回にわたるPCR検査や2週間の自宅待機を余儀なくされました。
人一倍気を使い、慎重に行動していたにも拘わらず、思わぬところに落とし穴がありました。
ある企業が設置した調査委員会の委員として、一日7時間、数日間に渡るヒアリングをしていた際、同室の方2名のコロナ陽性が判明したのです。

自宅待機中は、感染予防から主人との接触は極力避け、ホテル療養よろしく、携帯で連絡を取りあい、食事も紙皿・紙コップで済ませ即ゴミ袋へ、トイレも1階と2階に分け、神経を使う毎日でした。

幸い、数度のPCR検査も全て陰性で事なきを得ました。
もし、陽性だったらと、ゾッとする2週間でした。

9月に75歳になる主人は75歳以上の高齢者として、今月22日に区の設置した会場でファイザー社のワクチンを打つことが出来ました。
この予約を取るのが大変で、9時から家族総出でインターネット(パソコンとスマホ)でトライしましたが、サイトに接続できたのは9時半過ぎでした。
ちなみに、早い段階で電話が繋がりましたが、オペレーターのところで待機状態となりました。電話で繋がってもオペレーターが手作業でインターネットに繋ぐ仕組みなので結局はネットのほうが早くとれるみたいです。

私が選択した防衛庁の大規模接種は、インターネットで申し込みすると、接続そのものは即できましたが「そのまま切らずにお待ちください」とのことで、30分待ったところで順番が回ってきました。
初日の11時に予約が出来たのでまあまあといったところでしょう。

本日は、大手町の出口が複雑なので避け、東西線・竹橋で降り、現地に向かいました。
地下鉄のホームからは案内表示が続き、要所要所で案内人が待ち構えていて、簡単にたどり着くことが出来ました。会場を含め、こんなに人を配置していたら、さぞかし人件費が大変だろうなと心配するほどでした。

地下鉄の階段等を含め、かなりの距離を歩くことになるので、足の悪い人やお年を召した方にとっては大変で、地元で接種した方がよさそうです。
実際、車いすの人や超高齢者は皆無でした。

会場はシステマティックに運営され、促されるままに各ブースに行き、接種後の待機時間を含め、30分ほどで終了しました。
一日5000人の接種も滞りなく終わったようです。
打った後は痛みもなく、無事帰宅しました。

コロナの一日でも早い収束を願ってやみません。
 

転職しました

 投稿者:藤岡 良幸  投稿日:2021年 5月 2日(日)08時24分34秒
   令和3年4月30日付で生活困窮者自立支援事業所「ゆくはし生活相談センター」を退職し、翌5月1日付で飯塚市にある医療法人「親和会」が運営する「二瀬地域包括支援センターコスモス苑」に管理者(センター長)として就職しました。前職には今年9月末まで勤めることができたのですが、それ以降も仕事を続けていきたかったことと、社会福祉士及び介護支援専門員の資格を活かして生活に困窮する人に対する支援や高齢者福祉(特に高齢者虐待の対応)に従事したかったことなどで、より長く務めることができる事業所を探していました。70歳を超えての転職活動は確かに難しかったのですが、何とか見つけることができました。というわけで、出来るならば後期高齢者になる75歳までは働き続けたいと思っています。コロナ禍の中で飲み会が殆どできていない中、21回生との邂逅も途絶えている状況ですが、コロナワクチンの効果が上がれば再開できるのではないでしょうか(私は5月9日と5月30日に予約が取れています)。  

書展のご案内

 投稿者:城戸寛  投稿日:2021年 3月 7日(日)23時44分12秒
  ご案内葉書の通り、城戸寛主宰の書道塾展(塾生は5歳~90歳)を西鉄雑餉隈駅近くのさざんぴあ博多で致します。小品(毛筆 [漢字・仮名・漢字仮名交じり] 篆刻 刻字 ペン習字など)の展示ですが、ご覧頂ければ幸いです。  

愛犬

 投稿者:棚田隆憲  投稿日:2021年 2月11日(木)14時35分7秒
  寄川君の 愛犬・愛猫の投稿を見て自分の飼っていた犬を思い出した。寄川君の新たな家族、3か月の柴犬の写真が、私が飼っていた柴の雑種の小さい時にそっくなのでびっくりした。その犬は近くの農家から貰った雑種で、名前はドンベイ。小さい時、首輪を抜けて、脱走を繰り返し、近所を散歩、人の家に入ってそこの犬のえさを食べて、吠えられたり、私がバイクで探しに行ってドンベイ!ドンベイ!と叫んでいると、横で ハッハッという声が聞こえて、ドンベイがバイクに並走している、、、そんな やんちゃな犬で、17歳まで生きた。ちょうど寄川君と国分寺駅の南口の「長崎ちゃんぽん」の店であった頃だ。その後は、小さい白いマルチーズで、名をゆきまるという。人の寝床に勝手に入ってきたり、部屋中をクルクル回って喜びを表わしたり、これもやんちゃな犬だった。小さい時から犬と育ったので、猫よりは犬の方が良いが、娘は小さい時から、猫を拾ってきては育てていた。今でも(もう40歳半ば)拾ってきた猫2匹を飼っている。動物の癒しは、最高である。今は事情があって犬を飼えないが、このコロナ逼塞感では、犬が欲しい。寄川君の記事を見てそう思った。  

どこのドイツ

 投稿者:ガーゴイル  投稿日:2021年 1月13日(水)13時58分5秒
  テレビの広告収入は嘘である。テレビ局が流したいCMを流しているだけである。だから視聴率なんて関係ないんだよ。NHKはわかりやすいけど他の放送局も実は同じである。NHKとNHK以外の放送局の違いは形式である。NHKの方がCMが少ない。でもNHKにも番組終了後にやっているのはCMだよね。番組そのもが宣伝である番組もNHKにはあるよ。  

手に要注意

 投稿者:本吉照行  投稿日:2021年 1月10日(日)18時56分13秒
  「あなたの手からあなたを守るためにマスクをしよう」

これは台湾のIT大臣がテレビで言ってたコピー、スローガンです。
以前、新型インフルエンザのパンデミックの際に患者の写真を撮ってピューリッツア賞をもらったカメラマンはずっと手袋をしていて、結果セーフだったそうです。つまり一番危険なのは「自分の手」なのです。台湾はコロナを克服しています。ご自分の手、に要注意です。
 

お茶や紅茶が人類を救う2

 投稿者:本吉照行  投稿日:2020年12月14日(月)12時44分15秒
  続き。
ネットで検索してみてください。
お茶や紅茶が人類を救うかも。酒もお茶割がいいかな。
こんなビッグニュースマスコミはなぜちゃんと報道しないんだろう?
 

お茶や紅茶が人類を救う

 投稿者:本吉照行テルユキ  投稿日:2020年12月14日(月)12時27分36秒
  コロナを無力化。知ってました?11月下旬、奈良県立医大の発表です。お茶や紅茶にコビット19のウイルスを投入するとなんと1分間で99%無力化するそうです。ネットだけでなく読売新聞と産経新聞にも掲載されました。ペットボトルの物でもOKです。一番効果があったのは茶葉から入れた紅茶。

 

故郷で愛犬・愛猫と至福の一時を過ごす

 投稿者:寄川  投稿日:2020年12月14日(月)00時13分16秒
  50歳の時に、待望の故郷福岡異動の内示を受けて、即三つの事を決めた。①中二迄、生まれ育った博多貿易港の近くに終の棲家を構える。②ステレオセットを購入する。③動物を飼う。
① は、福嶋君が幼少の頃を過ごした博多奈良屋に錦を飾りたかった。福岡天神への経済集中化に伴い、故郷博多の町は様変わりしていた。結果、中学三年間を過ごした校庭と連なる百道海水浴場から近い処に構えた。
② は、天神ベスト電器でスピーカー”B&W”、アンプ”Marantz”、CDプレーヤー”Teac”、チューナー”Pioneer”、Audioラック”タオック”を購入した。昨年CDプレーヤーが故障して同系の”Denon”、今年10月にアンプが故障して同じ”Marantz”に買い替えた。
③ は、即柴犬雌、拾い猫雄、ポメラニアン雄を飼った。今年の二月にポメラニアンが亡くなり、最初に飼った三匹が皆居なくなった。現在は、三匹目の猫、7歳のチンチラ・ペルシャ猫雌だけの一匹となった。
④ 今年、11月初めに三匹目の犬・二代目の柴犬雌二カ月半を阿蘇山麓に買い求めた。近くの黒田家縁の紅葉丘神社、蒙古軍が陣を布いた祖原山を散歩させている。

写真1)在りし日の最初の三匹
柴犬雌がいつも猫雄と戯れ可愛がっていた。9年前の明け方、柴が今迄聞いたことがない悲痛な叫びを発するのを、寝床の中で聞いた。外で放し飼いにしていた猫が愈々臨終の時を迎えていた。4年前に柴が、今年の2月にポメラニアンが末期の水を迎えた際は、共に最後の力を振り絞って一声鳴いて別れを告げた。毎朝、来世も会おうなと祈っている。
2)7年前に来た当時のチンチラ雌
『栴檀(せんだん)は双葉より芳(かんば)し』の通り、今も女王様の風格だ。
チンチラは言われている通り、気性が激しくて最も飼い難い猫と。確かに小生の生傷が絶えない。それでも、ヒト科のメスに比べたら遥かに御し易い。
3)今年11月初めに購入したばかりの柴犬雌二カ月半
暖かくなったら、百道浜、愛宕浜、室見川河口、博多貿易港に連れて行く。世界一好きな故郷博多湾・玄界灘を、愛犬と一緒に眺めて至福の一時を過ごす。
 

近況報告

 投稿者:藤岡 良幸  投稿日:2020年12月13日(日)10時39分3秒
   コロナ禍で中々飲みに出ていけません。と言いながら、8月には船小屋温泉に、9月は原鶴温泉に、10月に下旬は一人で北海道に4泊5日(レンタカーで走行距離920kmを達成:宗谷岬まで行ってきました)、11月は湯布院温泉にそれぞれ1泊(妻との二人旅)の旅行をゴーツートラベルを利用して行ってきました。北海道から帰ってくると、途端にコロナ感染者が増大するというおまけまでついていました。仕事の方は相変わらず忙しく、コロナの影響で仕事を失ったり、休業したり、また、収入が激減した人に対する生活福祉資金等の貸付業務支援に明け暮れています。これは来年の春くらいまで続くのではないかと思っている次第です。
 今年の21回生忘年会は中止だと聞き、とても残念ですが、このご時世ですからやむを得ないのでしょうね。今年で古希を迎えた人が多いと思いますが、元気なうちは感染防止策を図りながらできるだけ社会との接触を目指していきたいと思っています。正月まであと20日を切る時期となりました。来年も皆さん元気で、是非とも同窓会が開催されることを願っています。
 

『惜別の唄』に想ふ

 投稿者:寄川  投稿日:2020年11月29日(日)16時12分42秒
  『惜別の唄 作詩:島崎藤村』
一.遠き別れに耐えかねてこの高殿にのぼるかな悲しむなかれ我が友よ旅の衣をととのえよ
二.別れと言えば昔よりこの人の世の常なるを流るる水をながむれば夢はずかしき涙かな
三.君がさやけき目の色も 君紅の唇も君が緑の黒髪も 又何時か見ん この別れ

小生の拙劣な中国語と*中国語の先生の力を借りて、直訳の文書言葉に訳してみた。
1. 無法忍受 永遠的離別 更上一層楼 莫悲傷 我的至友 整理好行装
2. 説起離別 従古至今 人世常情 眺望河流的水 夢想譲人羞渋 涙洒
3. 君動人的眼睛 君鮮紅的嘴唇 君烏黒的頭髪 何日君再来 離別
*中国北方出身の女性。日本の企業で東京、大連で勤めていたが大好きな福岡に行きたくて職を辞してQ経済大学院に入る。今は、帰化した伴侶と福岡市に終の棲家を構える。子供達も市立の小学校に通わせ、子供会会長も務めて福岡をこよなく愛してくれている。

小生は就職して、歓送迎会で幾度となく万感の思いを込めて『惜別の唄』を歌ってきた。昭和60年~昭和61年北京の中国人民大学に留学時、日本語を学ぶ院生と留学生事務局に頼まれて、課外授業として一年近く週一回、15名の院生に博多大浜弁で日本語を教授した。題材は「現代日本人若者気質」として、書籍・新聞等を活用した。その折に、授業の始めと終わりに当「惜別の唄」と「故郷」を合唱した。
「別れ」を【類語辞典 東京堂出版】で調べると、「別離、離別、留別、辞別、訣別、分袂、分首、一別、なごり、生き別れ、死別、哀別、永別、離愁、(古語)あかれ等。」
『惜別の唄』、特に小林旭の歌を聴くと色々な想い出が去来する。
 

レンタル掲示板
/19