teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


小豆島へ…Ⅲ

 投稿者:伊予丸型  投稿日:2019年 4月23日(火)08時01分29秒
返信・引用
  ①土庄港へと戻り、同11時20分発の「第八おりいぶ丸」に乗って高松へ…。出航してまもなく引退が近い「にゅうおりんぴあ」とすれ違いました。もし「おりんぴあどりーむ」のドック入りが5月だとして、その代走を仮に引退した「にゅうおりんぴあ」が就くとしたら(「あさひⅡ」みたいな感じに…)昭和→平成→令和(ほんのわずか)と活躍した船になるのですが…。
②高松に到着するとドック入り中の「なおしま」の代走に就く「フェリーてしま」が…。
③高松13時05分発の「第一しょうどしま丸」に乗り帰路へ…(出航直前まで乗り場の待合室のテレビで「なつぞら」を見ていました)。宇野到着直前に撮影したフランスの客船「LE SOLEAL」です。
 
 

小豆島へ…Ⅱ

 投稿者:伊予丸型  投稿日:2019年 4月23日(火)07時37分17秒
返信・引用
  ①小豆島オリーブバスに乗って戸形へ…。下車してすぐに戸形バス停付近で偶然撮影した「第二しょうどしま丸」です。島の漁港からの眺め…絵になる光景です。
②今回小豆島へ行ったお目当てはこれです!旧戸形小学校そばの海岸に上げられたこいのぼりです。学校が現役だった頃から毎年この時期に見られる風物詩でもあります。15年前の閉校直前に見に来て以来です。校舎は現在公民館になっているようです。
③こいのぼりと「しょうどしま丸」。
 

小豆島へ…Ⅰ

 投稿者:伊予丸型  投稿日:2019年 4月23日(火)07時26分37秒
返信・引用
  きのうは小豆島へ行ってきました。

①宇野6時25分発の「第一しょうどしま丸」で高松へ行き、そこから高松8時02分発の「しょうどしま丸」に乗って土庄へ…。その船上より…旧小豆島岸壁(旧国道フェリー乗り場横)に係船されていた「第七しょうどしま丸」です。
②戸形(小豆島)沖で「第七しょうどしま丸」の代走に就く「第八おりいぶ丸」とすれ違いました。
③土庄到着!!
 

ジャンボフェリー

 投稿者:フェリーあずき  投稿日:2019年 4月22日(月)20時14分22秒
返信・引用
  ジャンボフェリーに関して新着情報です。
会社紹介のページによると2022年を目処に大型新造フェリーの就航を予定しているそうです。
job.mynavi.jp/20/pc/search/corp237166/outline.html
 

看板

 投稿者:orange8  投稿日:2019年 4月20日(土)19時36分14秒
返信・引用
  おおよそ団塊の仕事人生とおなじ時間、明かりを燈し続けてきたんだろうな…
燈台みたいだな…  ロキシーや第一劇場を思い出すな…
ここに立ち寄りに来たり、ここに立ち寄って船に乗ってあっちこっち行った人も多いんだろうな…

昭和、平成の燈台はいつまで灯をともすのでしょう。わたしも頑張ります。
 

Re: 「おりんぴあどりーむ」に初乗船した日

 投稿者:orange8  投稿日:2019年 4月17日(水)23時22分11秒
返信・引用
  > No.27790[元記事へ]

伊予丸型さんへの熱きお返事です。

> 両備フェリーの「おりんぴあどりーむせと」の就航まであと半月ほどですね。「おりんぴあどりーむ」に続く新造船となりますが、その「おりんぴあどりーむ」が新しかった頃に私が初めて乗船した時の画像を紹介します。2006年3月15日ですが、「おりんぴあどりーむ」に乗ったのは今のとこその時だけです。

こんばんは。
こちら にゅうおりんぴあ も、もうすぐ交代でしょうか。
同じく2006年のようすです。
児島湾をゆっくりと走っていますが、神田造船の川原石で検査をしていたにゅうおりんぴあが、峠島まわりを宇品-松山航路のフェリー並みの船足でトライアルしている姿が印象に残っています。



 

「おりんぴあどりーむ」に初乗船した日

 投稿者:伊予丸型  投稿日:2019年 4月15日(月)07時52分23秒
返信・引用
  両備フェリーの「おりんぴあどりーむせと」の就航まであと半月ほどですね。「おりんぴあどりーむ」に続く新造船となりますが、その「おりんぴあどりーむ」が新しかった頃に私が初めて乗船した時の画像を紹介します。2006年3月15日ですが、「おりんぴあどりーむ」に乗ったのは今のとこその時だけです。  

Re: 第八おりいぶ丸

 投稿者:orange8  投稿日:2019年 4月14日(日)20時32分28秒
返信・引用
  > No.27787[元記事へ]

フェリーあずきさんへの熱きお返事です。

> 19日まで「第ニしょうどしま丸」の定期検査の為、「第八おりいぶ丸」が運航しております。
> 「第八おりいぶ丸」は以前より船体、船内含め疲れが目立つようになりましたね。仮に四国フェリーグループの新造船の建造が確定すれば、順番的に「第八おりいぶ丸」が引退ですかね?


こんばんは。第八おりいぶ丸は福田-姫路時代しか知りませんが、藤原造船製 フェリーひなせ と おりいぶ丸の三羽烏のダイナミックな走りが印象に残っています。
SDの調子が悪かったのですがどういうわけか復活、SDが生きているうちにUSBに保存しました。
2006年11月29日、姫路港にて。
ブルーラインの検査では フェリーひなせ がぶっ飛ばしているんでしょうね・・・。
 

鰯を食べながらいろいろ考える

 投稿者:orange8  投稿日:2019年 4月13日(土)21時07分32秒
返信・引用
  こちら福岡ではスーパーに並ぶ鰯が三重県産の大ぶりのいいのが入ってきていまして、遠方からきているにもかかわらず刺身鮮度で入ってきていましたが、今日スーパーには富山産という刺身鮮度のものが入っていましたので買ってみました。
4月に入り、近海郵船のROROが博多-敦賀の航路を開設し なのつ が就航し始めたことを思い出し、10日ほど前偶然 なのつ の入港を抑えることができまして、北陸の県をまたいでの港から出るとはいえ、ひょっとしたら なのつ に乗ってきたものかもしれないと空想しながらおいしくいただきました。
ジェットフォイルの待機場所に面した岸壁への着岸し、入港日には出港というハードな運航をしており、翌日朝AISを見たら島根の大社沖に19knotで敦賀に向け走っていたりします。

入港から出港までの時間が短く、物量もまだそこまではという状況は一瞬ですが目にしていますが、長く続いてほしいものです。
日通のひまわりや商船三井フェリーのROROのならびに近海郵船カラーが入ってくる様は、博多の物流岸壁も華やいだ感じがします。
 

第八おりいぶ丸

 投稿者:フェリーあずき  投稿日:2019年 4月13日(土)17時49分30秒
返信・引用
  19日まで「第ニしょうどしま丸」の定期検査の為、「第八おりいぶ丸」が運航しております。
「第八おりいぶ丸」は以前より船体、船内含め疲れが目立つようになりましたね。仮に四国フェリーグループの新造船の建造が確定すれば、順番的に「第八おりいぶ丸」が引退ですかね?
 

10年前の高松港にて…

 投稿者:伊予丸型  投稿日:2019年 4月13日(土)11時12分56秒
返信・引用
  10年前の2009年6月8日に高松港で撮影した、小豆島急行フェリー(当時)の「ひかり」(左)と「第一しょうどしま丸」です(「第一しょうどしま丸」の向こうに少しだけ国道フェリーの「こくどう丸」も…)。

現在この2隻は活躍の場が変わり、いずれも宇野港を発着点とする航路で活躍していますね。
 

Re: 気仙沼大島大橋開通

 投稿者:しらたき  投稿日:2019年 4月10日(水)09時36分40秒
返信・引用
  Voyagerさんへの熱きお返事です。

> しらたきさんへの熱きお返事です。
>
> > 瀬戸内型両頭フェリー最北の地?で働いていた、大島汽船所属のフェリー亀山、ドリーム大島の動向が気になります。どちらも船齢的にはまだまだ働けそうです。
> >
>
> ttps://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1178718.html 広島へ
>
> 土生商船が買い取り。第十、第二の代替だとか。第十は解体だそうです。外板鉄板が薄くなってしまったので、引き合いがないようです。
>
情報ありがとうございます。第十は解体ですか、もったいない気もしますが、しょうがないのかな。新しくくるフェリーはバリアフリーにも優れているようなので、こちらで末永くがんばっていただきたいですね。
 

Re: 気仙沼大島大橋開通

 投稿者:Voyager  投稿日:2019年 4月 8日(月)21時17分49秒
返信・引用 編集済
  > No.27783[元記事へ]

しらたきさんへの熱きお返事です。

> 瀬戸内型両頭フェリー最北の地?で働いていた、大島汽船所属のフェリー亀山、ドリーム大島の動向が気になります。どちらも船齢的にはまだまだ働けそうです。
>

ttps://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1178718.html 広島へ

土生商船が買い取り。第十、第二の代替だとか。第十は解体だそうです。外板鉄板が薄くなってしまったので、引き合いがないようです。
 

気仙沼大島大橋開通

 投稿者:しらたき  投稿日:2019年 4月 7日(日)21時40分52秒
返信・引用
  瀬戸内型両頭フェリー最北の地?で働いていた、大島汽船所属のフェリー亀山、ドリーム大島の動向が気になります。どちらも船齢的にはまだまだ働けそうです。
 

2019春の新造船 2隻

 投稿者:栗羊羹  投稿日:2019年 4月 7日(日)21時32分25秒
返信・引用 編集済
  両備フェリー「おりんぴあどりーむせと」がトライアルを終えて藤原造船に戻ってきました。
大三島ブルーライン「みしま」は今治港で就航待ちです。
 

瀬戸内国際芸術祭を支えた船の航跡・フェリーみしま

 投稿者:orange8  投稿日:2019年 4月 7日(日)21時31分50秒
返信・引用
  > No.27780[元記事へ]

・・・前投稿ではアートも理解できない偏狭さで申し訳なく思います。
では本題、
日生諸島への足である大生汽船からも頻繁に来ていたのがフェリーみしまです。
RC打込みのミキサー車が入るときは必ず入っていたように思います。
画像の通り第一唐琴丸の岸壁には入りませんでしたので、奥の岸壁に入っていました。
下は、ほぼほぼ犬島の施設完成形です。

2008年夏に第一唐琴丸が動き始める前に、中電工の車両を乗せた新岡山港の第一きりしまもよく動いていたと思います。工程からすれば工事電源・工事後の施設に供給する電源の確保だったんだと後になって納得しました。
オリンピアドリーム せと がトライアルに入っていますね。本航路からまた犬島や遠~~く牛窓の光景を見てみたいものです。


 

瀬戸内国際芸術祭を支えた船の航跡・第一唐琴丸

 投稿者:orange8  投稿日:2019年 4月 7日(日)19時11分52秒
返信・引用 編集済
  第三日通丸 という船が犬島に通っていると、どうしても稼働の状況が知りたいというところから 犬島 を知ってゆく機会になったように思います。
2010年からの開催、本年もGW前日から開催されるということで、今回の盛況と安全を心から祈るばかりです。当時、このような心境になったかと言えば、わたし自身は冷ややかで、宇野港のペットボトルのチヌが整備された岸壁に不釣り合いで、ひと夏終わったころからの色あせを見るたび嫌悪感すら持っていました。

第1回どころか 新なぎさ が見世物になっていると腹を立て、バルカソラーレにはヤドクガエルみたいだとコメントしたことがあった記憶があります。草間のおばさんの直島のそれも嫌いです。

記憶といえば第1回の開催からさかのぼること2年、犬島に動きがありました。
犬島に工場を持つ会社の増強かと思いきや瀬戸芸の広報が開催前年から始まり、なるほどとなった次第です。
芸術祭のHPを見ましたが立派ですね。地元交通機関のトラベル・ツアーの案内もおしゃれでびっくりしました。

会場のひとつの犬島での施設の建造の資材運搬、車両運搬、期間中のごみ収集運搬を支えた船があったことが懐かしく貼らせていただきます。2008年・2009年の画像より。

今回は船にはちょっかい無用でを心から願い、祭典の成功をお祈り申し上げます。
 

新造船 シーパセオ

 投稿者:せと丸  投稿日:2019年 4月 3日(水)22時30分53秒
返信・引用
  本日4月3日瀬戸内海汽船(株)の新造船「シーパセオ」の進水式が広島県の神田造船で行われました。かなり斬新なデザインで近未来を思わせるイメージです。同社に1964年~1979年昔いた、「シーパレス」に円形の形やガラス張りのデザインなど似ています。
シーパセオの就航は8月の予定で、また一つ楽しみが出来嬉しい限りです。航路は広島(宇品)~呉~松山です。就航後に乗りに行こうと思います。
尚、同船が就航後は石手川が引退する見込みです。
 

両備フェリー

 投稿者:フェリーあずき  投稿日:2019年 4月 1日(月)20時39分28秒
返信・引用
  本日より、両備フェリーの減便が実施されましたが、従来とは時刻表の運航船舶が変更になっているようです。従来は「おりいぶ丸」固定で、1日交代で「にゅうおりんぴあ」と「おりんぴあどりーむ」が運航しておりましたが、全船固定で「おりんぴあどりーむ」が土庄港終着、「おりいぶ丸」「にゅうおりんぴあ」が新岡山港終着のようです。「にゅうおりんぴあ」の最終便は4月30日土庄港18時30分発で、「おりんぴあどりーむ せと」の就航が令和元年5月1日新岡山港発第二便のようです。ということは、「にゅうおりんぴあ」が平成最後の船であり、「おりんぴあどりーむ せと」が令和初の新造船となりますね。
又、両備フェリーのホームページが本日よりリニューアルされたみたいです。
 

Re: 「せとしお」、引退から6年

 投稿者:フェリーあずき  投稿日:2019年 3月31日(日)14時01分1秒
返信・引用
  伊予丸型さんへの熱きお返事です。

> 今日で3月(2018年度も)も終わりですが、小豆島フェリー(現:小豆島豊島フェリー)の「せとしお」が最後の運航を終えてから6年にもなるのですね。この船をもってランプが前方のみの船は同社から姿を消したのでした(ドック代船で借り入れられる「めおん2」を除けば…)。現在はインドネシアで第2の活躍をしていることでしょう。
>
> ①20時半頃に宇野港に到着した最後の「せとしお」便(2013.3/31)。日本での最後の乗客が下船しています。
> ②一夜明けて出国準備を行う広島県へ向けての出航準備をしている「せとしお」(2013.4/1・③も)。瀬戸芸2013の横断幕を外している時です。
> ③8時40分頃、「せとしお」は17年間通い慣れた宇野港を後にしました。通ったことがなかった宇高航路のルートを途中まで航行しました(左は飛洲灯台)。

そうですか…そんなに経ったのですね。はやいですね。
そう思えば、宇高航路も玉高丸が姿を消したのもはや2年が経ちますね。明日の4月1日は10往復から5往復への減便、高松側乗り場変更から2年ですね。(あんなに便数が多く、運賃も安かった最盛期は今では1日5往復で、明日からはさらに運賃値上げへ…)
明日からは宇高航路だけでなく、ジャンボフェリーの値上げ、両備フェリー新岡山土庄航路のダイヤ改正などが実施されますね。
①宇高航路転配直後の「第一しょうどしま丸」。この頃はまだ、小豆島カラーの時でしたが、この年の11月のドックで玉高丸仕様になりましたね。あの頃は、とても新鮮でしたが今ではあの頃の玉高丸を思い出させます。
②2017年3月22日の「第八十七玉高丸」。
私にとってこの写真が玉高丸を撮影した最後になりました。
③2017年3月22日、長年運航してきた宇高航路を離れ、フィリピンへ向け出港する「第八十五玉高丸」。この時は、偶然、出港を見届けることができました。四国フェリーの社長をはじめ関係者の方々もたくさんいました。出港前に、本船を背景に写真撮影している様子が印象的でした。
 

レンタル掲示板
/577