teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


TSD-15とトランス

 投稿者:namzzajメール  投稿日:2007年 1月 5日(金)16時23分35秒
  EMTのTSD-15とウエスタンの618型トランスの相性についてお尋ねします。618Bは聴いたことがないのですが618Dとの相性はあまり良くないように思えるのですがどう思われますか?  
 

ザクセン

 投稿者:球手箱メール  投稿日:2006年12月26日(火)17時21分41秒
  フィールド電源も555やA-12を使って、いろいろやっています。555についてはタンガーが一つの頂点かな?と思いますが、他の電源もいろいろな良さがあり、興味が尽きません。ザクセンは80Vか100Vなので、タンガーはちょっと無理かな?!  

ザクセン

 投稿者:さいほうメール  投稿日:2006年12月25日(月)22時48分3秒
  球手箱さん,かなりの数のものがびりついているようです.この付帯振動はもの凄く微細でなかなかに判別が困難で,これが音色を変えたり,ボケボケの元になったりします.(鈴木慶江などの)ソプラノをかけてみてください.ほんの少しでも濁ったらビリつきの可能性があります.濁るまで行かなくとも音色が変わります(声がおばさんがかって聴こえます).数本あるのでしたら,それぞれ”微細な付帯振動”にだけ気をつけて聴いてみてください.わかります.蝶ダンパーが鳴いている場合,フレームの鳴きの場合,ボイスコイルのズレの場合,フレームのゆがみの場合で音が違います.但しかなりフィールド電源のレベルが上がっていないと判別が難しいかも知れません.こんどオフで研究会でもやりましょうか?ジーメンスには,クラングフィルム系には,安定していてもっといいものがあるようですね.  

ザクセン

 投稿者:球手箱メール  投稿日:2006年12月25日(月)13時32分16秒
  面白そうなので、ドイツに注文して4本購入することにしました。フィールドコイルは6W、75mAが2本、60mAが2本でダストキャプなしです。天国になるか、地獄になるかは届いてみないとわかりそうもありません(外見はかなり良さそうですが・・・)。  

ザクセンのばらつき

 投稿者:さいほうメール  投稿日:2006年12月23日(土)06時56分27秒
  球手箱さん,ザクセンは,ばらつきが非常に大きいので,ご指摘のとおり廃材寸前のものから天国状態のものまでさまざまです.755Aに比べると安いものですから,たくさん買って分解して部品にばらして再び組み立て調整するのが一番ですね.1940年代のものですから(もう60年以上前のものですから)しかも蝶ダンパーにキャップなしですから,ポールとボビンの隙間にゴミ入ってますし,ダンパーはベークで振動してビリつきますし,コーンは一枚一枚音違いますし,貼りかたによってゆがんでいるのはありますし,でも三本あれば一本くらいは組みあがると思えばいいです.三本で一本としても,それでもまだWE755Aより安いですね.594Aとか555を分解したりするのに比べたら格段に気が楽です.  

ザクセンウェルケのスピーカー

 投稿者:球手箱メール  投稿日:2006年12月22日(金)19時45分23秒
  ザクセンウェルケのスピーカー楽しみにしています。このスピーカーの評価は千差万別です。史上最低のスピーカーというアメリカ人、天国のように素晴らしいという人もいました。そういう私はまだ聞いたことがありませんが、フィールド電源のよしあしが大きく響くであろうことは想像できます。  

コンデンサによる音の違い

 投稿者:さいほうメール  投稿日:2006年12月10日(日)14時06分41秒
  コンデンサによる音の違いというのには,ほんとうに困ってしまいます.回路的には無いにこしたことがないのがコンデンサです.でもどうしても使用せざるを得ませんので仕方ありません.性能のよしあしというのもありますが,同じ性能でも製品によって音の傾向が違ってきますから,これを回りとの兼ね合いでうまくバランスするように選択するのは,もうウイスキーとかブランデーの原酒を調合するブレンダーのような技の世界ですね.また各自の音の好みがあるのでほんとうに難しいです.たいへんに高価で性能もよい名品と言われるものが自分の装置との相性が悪かったりもしますからたいへんですね.KANさんの124はとてもいいもののようですね.私はWEのアンプは高くて買えません.124の回路というのはとても不思議なことをやっていますね.位相反転段などは謎ですね.  

274B

 投稿者:KAN  投稿日:2006年12月10日(日)12時11分45秒
  早速の返信ありがとうございます。
私も少ないおこずかいの中でやっていますので、今は無理ですが余裕のあるときに274Bに挑戦してみたいと思います。
私の124は購入と同時にコンデンサー類の劣化しているものを補強修理、350Bも劣化しているものもあり、2本購入しまして、今はSN、分解能とも不満のない状態でなってます。このアンプの濃厚に音楽を歌い上げる表現能力には他に類のないものを感じます。
コンデンサー類を現代の高性能なものにとのことですが、私の経験ではコンデンサーは音質に影響にある部分なので選択が難しいところです。
以前、マッキントッシュのCDPのレーザーレベル調整等OH修理に出したところ、エレクトリがコンデンサー劣化部を変えときましたとのコメントつきで戻ってきました。
鳴らした途端に音が日本のCDPやアンプに多い無機質でサラサラした音に変わっているのに気がつき、シャーシを空けたところ、オリジナルのフィリップスのコンデンサーが国産のものに変わっていて元に戻してもらったことがあります。
マランツ7ではオリジナルのブラックビューティを同じスプラグのブラックキャットに変えたところ、私好みの切れのある音になり、これはそのまま使用しています。
劣化したものは交換しなければいけないのですが、特性だけで高性能といえないのがオーディオ部品の難しいところですね。
 

274B

 投稿者:さいほうメール  投稿日:2006年12月 9日(土)23時57分49秒
  私は湯水のようにお金があるわけではありませんので,コストパフォーマンスということがとても大事ではないかと思います.ですからもっとも音が良くなるところというかシステム上で弱点になっているところから順次手を入れていくのがもっとも良いと方法だと思います.ですからお金をかけるならば,アンプよりも音の変化が大きいスピーカーにお金をかけるのがより得策だと思います.これをアンプのどこにお金を投入すべきかということになりますと自作派の方であれば,電源が一番で,その次が回路方式と追い込みの調整で,最後が部品になります.部品も音質に影響の大きい部分と小さい部分がありますから加減をして有効に資金を配分する必要があります.さて整流管ということになりますとこれば電源に属しますので出力管よりも意味が大きくなります.私が使用した中では,274B/Aは別格で素晴らしいものですが,使いにくい規格である点とあまりにも高価なので常用するには”不適切”に近いと思います.整流管は最も消耗が激しいので年に数回この曲を極めつけの状況で聴きたいと思ったときにでも使用すればと思います.音は違いますがもっと安くて十二分によい整流管があると思いますので,そちらで音合わせをすればそれでよいと思います.同じタマでもメーカーとか製造時期とか使用時間でまるで音が変わりますので,いろいろなものを試してみるのがいちばんと思います.WE124ですと製造時期が古すぎて部品の経年変化と劣化がすすんでいると思いますので,現在の高品質の部品に交換するのが最短最安の方法だと思います.WE124が作られた時代よりもはるかに高品質の部品が現代にはあります.まずはコンデンサの交換でしょうね.次が抵抗で,真空管はその次でいいと思います.5U4Gにはなかなかいい球にめぐりあっていませんね.全部やりつくしてから球を変えてもおそくはないと思います.私が274Bを絶賛するのは,整流方式の違いが出ないほどに電源回路に物量と回路技術を投入してもこの整流管だけは,差し替えるとべつの世界になってしまい,もう完敗の白旗を掲げざるを得なかったからです.高いお金を出して差し替える前に少額のお金でもっとよい状態にする方法はたくさんあると思います.他の部分の劣化がすすんでいたらさしかえても大きな差が出ない可能性もありますね.348Aは使用したことがありません.私の常用の球は,テレフンケン,ムラード,RCAが多いですね.私の124(LV108)は1台をそのままにしておいて,1台を徹底改造(近代的にレストア)しようと思っています.それで比較してみようと考えています.  

WE274Bについて

 投稿者:KAN  投稿日:2006年12月 9日(土)12時39分39秒
  さいほう様
当方、アンプにWE124Fを使用している者です。
現在、整流管には274Bではなく5U4Gが装着されています。
さいほうさんのHPで274Bのことを絶賛されてあったのを読み、
やはり、274Bをがんばって買うべきか迷っています。
高価である為、アンプ購入時についていたもので我慢していました。
整流管でどれくらい違うものでしょうか。
348Aについてもご存知でしたら、ご教示ください。
 

レンタル掲示板
/11