teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


もはや

 投稿者:waters(仕事中)  投稿日:2010年 2月11日(木)11時04分58秒
  あなたのフォルダの「お気に入り」に入っているのが奇跡的なぐらいのさびれっぷりです。

いやはや色々と大変だ。
まあしかし、龍馬伝とか見てると大変じゃない時代のほうが少ない気もする。
それでも人間は生きる。
今の時代必要なのは異端であること。
 
 

ごくろうさまです

 投稿者:waters(研修中)  投稿日:2008年11月25日(火)21時30分56秒
編集済
  私は今ALPSという会社に勤めております。
すさ君の話を聞くと、やっぱり先生って大変だなと思ってしまう。

会社に入った人間の目から学校を振り返ってみる。
今一番大事だと感じるのは、失敗をすることだと思う。
で、能力として必要なのはPDCAサイクルの能力だと思う。。
自分で目標を立てて(PLAN)、やってみて(DO)、振り返ってみて(CHECK)、次の行動に移す(ACTION)。
あらゆる企業、ISO等で盛んに言われている。大きな書店ではPDCAのコーナーまである。
対象は何でも良いが、例えば、
テストでいい点を取ろうと思って(P)、テスト勉強してテストを受けて(D)、ダメで(C)、次はもっと勉強しようと思う(A?)というのがあるかもしれない。
大体の学生はそんなふうにPDCAサイクルを回すだろう。
しかし、これではいつまでたっても成績は上がりっこない。
勉強量を増やす→遊ぶ時間か、睡眠時間を削る→勉強をやる気がしなくなる
というふうになるからだ。
「点数が悪かった→勉強量を増やす」という短絡的な反省では全くダメだ。
こんな短絡的な発想では10何年間そいつは何を学んで生きてきたんだと、言われたお勉強だけをやってきたのかと思ってしまう。
部活の試合でもそうだ。
「練習試合に負けた→練習量を増やそう」
こんなチームは絶対に勝てない。
学校教育はカリキュラム立てて(P)、授業して(D)、テストして(C)で終わっている。C→A→Pまでのサイクルがまるっきり欠如している。
そもそも、Pの段階で生徒に目的を考えさせない時点で生徒に自主的なやる気は出ない。
とにかくなんでもいい。80点取るでも。目的、目標がなければ始まらない。
Dも十分とはいえないがここでは重要ではないので割愛。
C。これが重要!!。
40点だった。試合に負けた。というチェックだけでなく。
なぜ点数が悪いのか、どこで間違えたのか、なぜ負けたのか、どこで相手にやられたのかをひたすら考える、列挙する、さらに5回なぜを深める。エクセルでもワードでも紙でも何でも使って書きまくれ。自分で考えてもいい、人に聞いてもいい、チームで考えてもいい。
とにかく「なぜ悪いのか」を考える。絶対にその人間の出来が悪いんじゃない。やり方が悪いのだ。だから絶対に、良くなる方法がある。それを考えようとしないからいつまで経っても悪いのだ。そうすると、おのずと次の改善案が浮かんでくる。決して勉強量や練習量を増やすだけの改善案ではないはずだ。ノートのとり方が悪かったのか、生活習慣が不規則だったのか、コミュニケーションが足りなかったのか、授業中に質問をしなかったから悪かったのか、ヤマが外れたのか、時間配分が悪かったのかなどなど色々出てくるはずだ。
学校側はまずこの「なぜ」という生徒のプロセスを支援しないといけない。テストが終わってハイ終わり、では時間の無駄。
次に、原因が分かったらその対策(A)と新しい目標(P)の設定も自分でやらなければならない。
対策としては、「夕方勉強すると効率が悪いから、朝方に予習する、あるいはいっそのこと家では勉強せずにぐっすり寝て、とにかく授業だけに集中する」とか、「朝早くすいている電車に乗って勉強する」といった勉強の時間配分から、「前学年の計算練習が弱いから休みの日に復習する」とか「英語の勉強法として音読を取り入れる」といった勉強法などがある。新しい目標では「まず60点取る」でもよい。やりっぱなしのテストや練習試合がもっとも無駄だと思う。
繰り返しになるが会社に入って思うのは、学校側が生徒にC→A→Pの支援をもっときちんとやらないと生徒の成長に繋がらないと思うのだ。

まあ、なんにせよ今一番役に立っているのは「あのころはああいうところがダメだった」という失敗の経験である。何の経験もないのが学生生活としてもっとも不毛だ。

健康管理に十分注意して、お仕事を自分のものにしてください。
 

1年後の返事

 投稿者:すさよしのり  投稿日:2008年11月 1日(土)19時23分56秒
  誰か見てるのかな?独り言になるかも…

教職3年目に突入しました!いまだに永遠の「the youngest teacher」とか言われて,後輩先生にも頭が上がらない現状です.授業もなかなかうまくいかないですね,教材研究は欠かせないです.

今年度に入って,な~んかいろんな雑務が増えたな~って.3年連続教務部っていうところに所属しています.年間・月間予定表作成,時間割作成,対外書類作成に追われ,あとまったく未経験の運動部顧問をやらされる羽目になってしまって非常にピンチな一年間になりそうな予感…もう予感ではなく現実化していますが(^_^;;)

あと,もともと不眠症だったのですが,それがさらに悪化.残業を繰り返し,毎日寝ないでいたら,突然バタッとなってしまうこともしばしば.何事もほどほどに,休養も大事だなって,今年になってようやくわかったことです(健康診断で栄養失調の一種&過労&不眠&その他色々と診断されて微妙にショックを受けてしまいました).教育実習中にも言われたことだけど,教職って授業だけでなく,むしろその他の仕事の方が多いって今になって身にしみています.教育実習で思い出しましたが,来年度指導教官をやるよう言われてしまいかなり憂鬱.だってちゃんと教えられるか…自分よりうまく授業やられたらどうしましょう…

でも職場の雰囲気はとても良く,周りの先生たちも色々と気を使ってくれて非常にありがたいことです.まあいろいろ苦あり苦ありですが,それなりに楽しめて仕事やっています.

以上独り言でした.久しぶりに掲示板に訪問したので,またしばらくしたら独り言を言いに来るかもしれません.
 

見てますよ

 投稿者:わっちょ  投稿日:2007年11月16日(金)12時57分36秒
   私は単位の都合上、今年免許の申請をします。
 さて、近況ですが、現在休学中です。というのも、4月から別の大学の修士課程に入学
し直すからです。機会があれば非常勤で講師をしてみたいものです。すさよしのり、仕事はどうだ?内情を教えてくれい!!
 

理不尽な要求

 投稿者:waters(研究中)  投稿日:2007年11月10日(土)12時00分59秒
  何の報告もしていませんでしたが、私は企業に就職することに決まりました。

最近、研究室の先生にやたら自分だけたくさんの仕事を押し付けられている気がする。
しかしながら中学校、高校の先生方の方がより大変な状況にあるのだろうと感じた。

モンスターペアレントという言葉は誰が考えたのか知らないが、
マスコミの標的が学校から親に移っただけで問題の根本的な解決になっていない、と思う。

もう誰も見ていないかもしれないけど書き込んでみました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88

 

Re:近況報告

 投稿者:waters(就活中)  投稿日:2007年 3月26日(月)14時34分58秒
編集済
  私も同様に来月から修士2年です。
今はメーカーにエントリーシート書きまくってますが、いまだに教職にも興味があります。
先日、鹿児島の物理学会で「物理教育」の領域も見学に行きました。
どうも、「理科離れ」という言葉の定義があいまいなままで話が進み、討論会はまとまっていない感じでした。大丈夫かなと思いました。
鹿児島の公立の小学校の先生の現場の話は貴重でした。
現場が子供を見ているのに対して、現場にいない人はシステムにこだわるみたいです。
「踊る大走査線」もしかり。

中央公論は結局定期購読にしました。
最近、養老孟司の「バカの壁」を読んで、また世界が広がりました。

桜島↓桜島の今年の噴火が少ないことと能登の地震は関係があるのだろうか?

http://www.youtube.com/watch?v=_ze_D4FeCT4

 

近況報告・・・

 投稿者:わっちょ  投稿日:2007年 3月26日(月)02時38分25秒
   私は修士の2年になります。今はメーカーへの希望が少し強いので教員になるかどうかはわかりませんが、興味は持ち続けています。皆さんはどうしてますか?  

「仕事=自己実現」の洗脳

 投稿者:waters(就活中)  投稿日:2007年 2月22日(木)20時42分51秒
編集済
  こんな題目で、読売新聞の特集がありました。
この表題を見て自分は「はっ」としました。
「お金をもらって、やりたい仕事ばかりできるわけねぇ」と。

今月の中央公論に太田光が出てます。↓
中央公論はでかい本屋にしか置いてないですね(-_-;)

http://www.chuko.co.jp/koron/

 

電車の時間

 投稿者:waters(物理)  投稿日:2006年11月28日(火)21時49分22秒
編集済
  ども。
布団から出るのがつらい季節になりましたね。

最近、研究先が自転車でいける距離になったので、移動時間が減りました(寒いですが)。
それは良かったのですが、心なしか日常があわただしくなったように感じられました。
よくよく考えてみると、計画を練る時間も減ったようなのです。
今まで無意識でしたが、電車に乗っている時間は自分の作戦、反省タイムだったようです。
これからは、そういった時間を意図的に作らないといけないみたいです。
皆さんはそういった時間をうまく作っているのでしょうか?

以上、日常のちょっとした疑問でした。
 

コミュニティーの重要性

 投稿者:waters(物理)  投稿日:2006年10月24日(火)22時34分8秒
編集済
  みなさまお元気でしょうか。久々の書き込みになります(管理者の癖にw)。
最近、違う研究室の友人と週1回はなるべく会うようにしています。
大学院の必修単位は少なく、自分は1年の前期でほとんど卒業単位が取れてしまい、ともすると研究室にこもりがちになっていました。
しかし、就職活動(まだ学内の説明会程度ですが)のときに友人に会ってみると、ずいぶんと進んだ考え方をしているのに驚きました。
同じ研究室の中だけの友人と話をしていると偏った考え方になり易いと思いました。
また、他の研究室の様子を知ることで、自分の研究室がいかに恵まれているか、逆にいかに管理がなっていないかなどに気がつきました。

教職の現場では、まじめな先生ほど一人で背負い込み過労してしまう方が多いと聞きます。
そんなとき、他の仕事仲間とのティータイムが必要なのかもしれません。

http://www.chuko.co.jp/koron/

 

レンタル掲示板
/10