teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


同級生に乾杯!

 投稿者:mimijunメール  投稿日:2006年 3月14日(火)02時46分4秒
  幼なじみと話をしていて、偶然みつけたHPで驚きました。
建築方面に進んでいたのは知っていましたが、写真家とは!
写真と文章から写真の中に迷い込んだような、不思議な錯覚を覚えました。
これからも素敵な写真を楽しみにしています。
 
    (管理人) ご来訪ありがとうございます。
ほとんど更新もせず不精なサイトですが、これからも宜しくお願いします。
銀塩写真のあり方が問われる今日この頃です。
写真の見せ方も多岐にわたり、いろんな可能性が出てきたとも考えられますが、
そんな流れの中に身を置いて、模索してみたいと考えています。
 
 

映画のシーンのよう

 投稿者:blakey  投稿日:2006年 2月12日(日)22時12分4秒
  写真箱に新たなシリーズがアップされたのですね!
どれも渋めの色調で、映画の1シーンのようです。
エキストラ(?)たちの動きや位置も、雰囲気を感じます。

このような風景がいつまでも残るといいですね・・・。
 
    (管理人) どうもありがとうございます。
長らく放っておいたサイトですが、少しずつ増やしていきたいと思います。
イスタンブールは建物もさることながら、坂の多さが特徴的でそれがまた楽しい場面や舞台を作り出していると思います。
写真でもそれが多少伝わるのではないかと思っています。
 

イスタンブールの猫

 投稿者:blakey  投稿日:2005年 7月24日(日)19時01分44秒
  あちこちにお邪魔してすみません。

イスタンブールに居る猫ってみんなこのような日本猫と変わらない外見なのでしょうか。いかにも「外国猫!」というかんじなのかと思ってましたが。←ペルシャ猫みたいな毛足の長い猫とか シャム猫みたいな手足?の長い猫とか・・・・・・。
諸外国の猫事情も興味があるところです。
 
    (管理人) 傾向としては毛足が長めの猫が多いような気がします。
気まぐれな様子は何処も同じですね。
でも、それがいいのです。
 

リンクを張らせてください

 投稿者:やまみち  投稿日:2005年 7月14日(木)09時47分46秒
  こんにちは。
たびたび拝見させていただいております。
写真も、ブログの方の文章も、けして騒ぎ立てないのにずっと胸に残ります。
穏やかに、自分の外からも物事を考えることを促されるようです。
畑違いではありますが、自分のサイトからもリンクを張らせていただいてよろしいでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。

http://members.jcom.home.ne.jp/roadsidecafe/

 
    (管理人) どうもありがとうございます。
ぜひともよろしくお願いします。
ネタがどこまで続くか分かりませんが、頑張ってみます。
またお越しください。
こちらこそリンクを張らせていただいてもよろしいでしょうか。
 

こんにちわ!

 投稿者:blakey  投稿日:2005年 7月11日(月)10時40分53秒
  以前、ガーディアンガーデンでやってた ひととぼ展で
古い家の写真を拝見した者です。
ああいう家って懐かしいですね!
私も小さいころ あんな家に住んでました。
モノクロ写真でしか残ってませんが。

このホームページの写真も、全体に暖かく優しいまなざしを感じます。
今後ともご活躍応援してます。
それでは失礼いたします。
 
    (管理人) どうもありがとうございます。
「終わり待つ家」もそのうちUPしてみたいと思っています。
古い家は光の入り方や風の入り方など、最近の家と比べると外部との関わり方が全く違っていることを痛感します。
またぜひ起し下さい。
 

連日こんばんは

 投稿者:ごま  投稿日:2005年 6月28日(火)01時18分11秒
  800万画素はスゴイですね。銀塩に迫るんじゃないですか?
(銀塩って、1200万画素相当でしたっけ?)
ところで、私は400万画素のデジカメを使ってますが、普段はそんな高画質で使ってません。
通常200万画素。パソコン上ではそれでも多いくらいです。
それから、デジカメ使ってると、プリントすることがほとんどなくなりました。
やはりデジカメはパソコンと組み合わせてなんぼのものですね。

http://www.geocities.jp/goma_2nd/

 
    (管理人) 昨日うっかり最大画素数にしたまま、仕事の資料写真を撮っていたらあっという間にメモリーいっぱいになってしまいました。
カメラの操作自体はすこぶる簡単なのですが、そのせいか初期設定を忘れてしまいます。
撮った資料は出来たばかりの老人ホームなのですが、新築にもかかわらずもうツバメの巣が4つほど作られていました。
ちょっと楽しみ。
 

こんばんは

 投稿者:ごま  投稿日:2005年 6月27日(月)00時55分22秒
  ブログの旅のエッセイ、いいですね。楽しく読ませてもらってます。
旅行中の(決して大きな事件ではない)ちょっとしたなんでもないような出来事が、
小気味よい、オチのある話に仕上がってます。こういう話、好きです。
更新が大変でしょうが、また面白い話を聞かせてください。応援してます♪
ところで、デジカメは買わないんですか?便利ですよ。

http://www.geocities.jp/goma_2nd/

 
    (管理人) デジカメ買いました。結構気合の入ったイイやつ。
なんとコンパクトカメラで800万画素!
でもそれだけのスペックがあってもパソコン上で見るにはそんなに要らないし、プリントしようとしてもウチのプリンターじゃそのスペックを活かしきれないようです。
決め手はアダプターレンズ装着で21mm相当の超広角が使えることと、単三電池が使えることです。
主に仕事の資料写真をバシバシ撮ってます。
接写が効くのも楽しいですね。
デジカメを主体とした撮影会でデジカメならではの企画はないかと考えてます。
 

おじゃまします。

 投稿者:kanirula。  投稿日:2005年 6月 1日(水)08時35分3秒
  ホンダさんは写真家になっておられたのですねぇ。
「鋼の領域」とBlogの埠頭の音楽の話がとても好きです。
たまに澱んだヘドロや錆びた鉄の匂いが恋しくなります。
浜っぺちに住んでたくせに、港湾地区のほうが好きですなぁ。
海が傍に居なくなって幾年月、お脳は錆びたままです。
 
    (管理人) 
お越しいただきありがとうございます。
「写真家」というのは特にきちんとした資格も無いですし、定義も曖昧です。
だから自称すればだれでも写真家になっちゃいます。
実際に報酬が発生する写真の仕事を何度か行ないましたが、決してそれで生計を立てているわけではないので「プロの写真家」ではないのです。
でも他の仕事をしながら凄い写真を撮る「写真家」はいっぱいいます。権威ある写真の賞を取る人もいるのです。

ところで工場地帯や埠頭といった空間は実にいいですね。
工場については面白そうなサイトがあるので次回に紹介します。
澱んだ海と陸との境界線は、以前は横浜にもいっぱいありましたがここ10年ですっかりミナトミライ地区になってしまいました。
整備されて人がたくさん集まるのはいいことかもしれませんが、「自分だけの秘密の場所」が無くなったようで残念です。
また、そう思っている人もいっぱいいると思います。
 

ブログのフォーマット

 投稿者:閑古亭  投稿日:2005年 5月31日(火)09時28分37秒
  変わったのですねー。
前のも渋くてよかったけど、やはり背景が白に文字が黒で
今度の方が読みやすいかもしれませんね。
ご無理のない範囲で 更新楽しみにしております!
 
    (管理人) ブログの背景はいろいろあって迷います。
自分できちんとデザインしてみたいのはやまやまですが、手軽に行きたいものですからやはり既製のものを使います。
今後もよろしくおねがいします。
 

BLOGのこと書くの忘れてました

 投稿者:ごま  投稿日:2005年 5月16日(月)00時44分38秒
  趣味がモロ出てますねー。でもソコがいいです。
ブログというと日記みたいなのが多いんですが、こういうエッセイ風の方が面白くていいですね。
内容も、その方面に明るくない人でも理解できるよう考えてあると思います。
それは大切な姿勢だと思います。
今後も楽しみにしてます。

http://www.geocities.jp/goma_2nd/

 
    (管理人) ありがとうございます。
書いて見たいネタはそれなりにあるのですが、ある程度の形にするのはなかなか難しそうです。
優れたエッセイをいろいろ読んでみると4コマと同じで、
テーマを明確にすること、起承転結のようなしっかりとした構成を持っていること、が見て取れます。
モノを作る姿勢とそれを裏付ける技術力の大切さを感じました。
 

レンタル掲示板
/2